なまずをフォローして
地震情報を入手!
公式Facebookページ
ご意見お待ちしてます
なまずの設定

最近なまずが検知した地震情報(12件)

検知時刻 震源地 最大震度 マグニチュード
2017/12/12 12:47:27 岩手県沿岸北部
陸域下60km
震度2 4
2017/12/12 11:14 頃 四国沖
深さ40km
震度1 3.6
2017/12/12 02:33 頃 秋田県沖
深さ10km
震度1 3.7
2017/12/12 01:52:23 福島県沖
海域下40km
震度2 4.2
2017/12/11 23:56 頃 網走地方
深さ10km
震度1 2.6
2017/12/11 05:39 頃 紀伊水道
深さ10km
震度3 3.6
2017/12/11 01:41 頃 宮城県沖
深さ50km
震度1 3.4
2017/12/10 22:23:45 岩手県沖
海域下40km
震度1 4
2017/12/10 21:51:45 西表島付近
海域下30km
震度1 4
2017/12/10 19:42 頃 有明海
深さ10km
震度1 2.2
2017/12/10 12:08 頃 千葉県東方沖
深さ30km
震度1 2.4
2017/12/10 11:45 頃 茨城県北部
深さ10km
震度2 3.4
マークの付いた地震は緊急地震速報が出ています。
マークの付いた地震は気象庁から確定情報が発表されています。

最近のなまず(@nmzu)のツイート (表示が遅い時は 公式ページ へ)

なまずについて

<なまず プロフィール>

気象庁の発行する緊急地震速報を元に、地震情報を
【どこよりも早く】【正確に】【分かりやすく】
配信することを目的とする無料の地震情報サービスです。
PC、Twitter、モバイル等、様々な端末から、リアルタイムで地震速報を確認できます。

<中の人>

開発:@mogken@nerikeshi_cola   サイトデザイン:@aaoo_k

<ご意見・ご感想はこちら>

立派なナマズになるために、皆様のご感想・ご意見を募集しています。
「ツイート多すぎ」「遅くても正確な情報を」「こんな情報も見たい」等のご要望は、
中の人(@mogken@nerikeshi_cola)まで。
ご遠慮なくどうぞ!

なまずの仕組みと利用方法

なまずは以下のように利用します。

  1. なまずが気象庁より緊急地震速報を受け取り、地震を検知します。
  2. 地震情報を分析したなまずは、地震情報ページを作成し、Twitterに、地震情報を書き込みます。
  3. なまずのツイートを確認し、URLのリンクから、地震情報ページを確認します。
  4. 地震情報ページにて、皆さんの現在位置(*1)を元に、「あと何秒で地震が到達するか」をお知らせします。
    なお、その他にも揺れが大きい場合は、各地の予測震度もお知らせします。
  5. 大規模な地震が近くで発生した場合は、机の下に入る、コンロの火を消す等、地震時の緊急対応に従って落ち着いて行動してください。
  6. 地震が落ち着いた段階で、安否情報や地震についての話題を、各SNSサイトのボタン(Twitter Facebook Google+ mixiチェック)からつぶやいて、周りの人と情報を共有します。
(*1) 現在位置取得はPC版/スマートフォン版のみ対応しています。ご利用頂く場合は、現在地取得の許可が必要な場合があります。
Wifi情報、IPアドレス、プロバイダ情報、ブラウザ情報から複合的に現在地を推定しますが、実際の位置と大幅にずれる場合があります。
現在地が取得できなかった場合は、デフォルトで東京を現在地に設定します。
また、現在地やIPアドレス情報等から個人情報を特定・保存していることは一切ありません。

なまずの成長グラフ

なまず(@nmzu)関連のツイートをしてくれているみなさま(thanks!)

読み込み中...
さらに読み込む...

WEBサイト・ブログ運営者の方へ

ホームページやブログに簡単なタグを1行組み込むだけで、
リアルタイムな地震情報をあなたのホームページから配信できる、プラグインをご紹介します。

詳細はこちらをご覧ください

免責事項

なまずより配信される情報(本ウェブサイト、Twitter等)は、充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。 開発者・サービス提供者は本ウェブサイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。 また、本ウェブサイトのURLや情報は予告なく変更される場合があります。
本サービスより配信する地震情報・津波情報は、気象庁の緊急地震速報・及びウェブサイト情報を元に作成しております。また、地震発生時の対処は、気象庁のガイドラインを元に作成しています。 実際に大規模地震が発生した場合は、各自の環境や状況によって臨機応変な対応が必要な場合があります。 本サイトの情報が、少しでも皆様のお役に立てると幸いです。